侮れない!第一印象アップに欠かせない見た目以外の1割の要素 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

侮れない!第一印象アップに欠かせない見た目以外の1割の要素 1/2

第一印象は見た目が9割と言われていますが、残りの1割の要素だってとても大切!その1割を意識するか軽視するかによって、見た目の良さが更にアップするか半減してしまうかが決まります。見た目だけじゃない第一印象に欠かせない要素とポイントをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7268.jpg
侮れない!第一印象アップに欠かせない見た目以外の1割の要素

第一印象は見た目と言うけれど!?

第一印象を決めるのは見た目が9割と言うのは有名な話ですね。

だからこそ、表情、メイク、ヘアスタイル、服装などお相手の視界に一番に飛び込んでいく要素はとても大切です。

しかし、第一印象は視覚情報だけではありません。

視覚情報以外にも、聴覚情報や言語情報も第一印象を決める大事な要素となります。

見た目だけではない残りの1割も手を抜かず、第一印象がさらに良くなるポイントをお伝えいたします。



第一印象がさらに良くなる声を分析

笑顔も身だしなみも完璧になったら、次は声です。

声は高すぎても幼い印象になりますし、低すぎると暗い印象を与えてしまう場合もあります。

また、声が小さすぎると自信がないような印象を与えてしまいますし、そもそもお相手にとったら話がよく聞こえなくて困ってしまうかもしれません。

声も個性の一つなので無理やり変える必要はないですが、地声が低いなと感じる人は少しトーンを高くしてみる、地声が高すぎる人は落ち着いた声を出してみるなど、調整してみることが大切ですね。



さらに自分で聞いている自分の声と、他人が聞いている自分の声は大きく違っていたりします。

留守番電話の自分の声や、動画の自分の声が普段と違うように聞こえる!という方も多いのではないでしょうか?

自分の声を客観的に知り、笑顔の第一印象にプラスできるような声を心がけたいですね。



会話だって第一印象を左右する

初めて会う人と話をする時、一番困るのは「何を話せばいいのか」ということではないでしょうか?

つまり、会話も第一印象を作り上げる大事な要素なのです。

話題にもマナーがあります。

例えば、プライベートな家族のことなどをいきなり聞かれると面食らってしまいますよね。

また、政治や宗教の話は人それぞれの意見があるので好ましくありません。

お天気などは無難ではありますが、いまいち印象に残りづらいですね。

出身地や好きなものなど、会話を楽しく続けられそうな話題をお相手によって瞬時に選択できるかが大切になります。


次のページ:先手で伝えたい!第一印象を格段に良くするあの一言