日本が恋しい・・・外資系CAの葛藤と日本人としてのやりがい 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

日本が恋しい・・・外資系CAの葛藤と日本人としてのやりがい 2/2

外資系CAの基本は日本発着便への乗務ですが、日本とは全く違う行先へフライトすることも。日本がだんだん恋しくなる外資系ならではのフライトや、日本人代表として世界各国で活躍する外資系ならではのリアルエピソードをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7246.jpg
日本が恋しい・・・外資系CAの葛藤と日本人としてのやりがい

私が日本代表!

全く日本人のお客様がいない便に乗務していると、たまにお客様に「君はどこの国の人?」と聞かれることもあります。

日本人であることを告げると「初めて話す日本人!」「日本に行ってみたいと思っていたんだ!」などと話が弾むことも。

その方にとっては私が日本人のすべてであり、私が話すことが日本のすべて。

日本の印象が私で決まると言っても過言ではありません。

まるで自分が日本代表のような気持ちで日本の良いところをお話し、喜んでもらえた時には外資系で働くやりがいをとても感じることができました。


たまに、日本と全く関係ないフライトで日本人のお客様が1人だけということも。

お客様にも「日本語でお話したかった」とおっしゃっていただき、とっても話が弾みました。

お仕事や色々な都合で異国の地で頑張っているお客様からしても、機内で偶然出会う日本人CAというのは嬉しい小さな奇跡なのかもしれませんね。



普段はあまり乗務することもなかった日本発着以外の便。

しかし、成田に戻ってきた時のほっとした気持ちは今でも忘れません。

外資系エアラインで日本人CAを見かけたら、ぜひ日本語で話しかけてみてくださいね。

外資系に搭乗して少し不安を感じるお客様も、日本を恋しいと思うCAが一緒にフライトを楽しめるきっかけになりますよ。