丁寧は作れる!CAに学ぶ美しく丁寧な所作に変身させる方法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

丁寧は作れる!CAに学ぶ美しく丁寧な所作に変身させる方法 1/2

CAのような丁寧で美しい所作の取得は、実はそんなに難しいことではありません。普段の自分の動きを少し変えるだけで、丁寧な所作は作れます。どこを意識し気をつければ良いのか、ポイントをお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1394.jpg
丁寧は作れる!CAに学ぶ美しく丁寧な所作に変身させる方法

丁寧な印象を与える秘訣は

CAと言えば美しく丁寧な所作を身につけているイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

CAのような所作を身につけるのって難しいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

美しく丁寧な所作は、普段の自分の動きをちょっと変えるだけで身に着けることができます。

今回は、一目置かれる所作を簡単に身につける秘訣をお伝えします。




ゆっくりと優雅に

毎日仕事や家事、日常に追われているとどうしても心に焦りが出てしまい、動作や所作もスピードが速くなってしまいます。

良く言えばてきぱき動いているようですが、どうしても丁寧さに欠けてしまいがち。

CAはどんなに心が急いでいても、お客様の前ではそれを表現しません。

コールボタンがいくつも鳴ってお客様のリクエストが重なってしまい、いろいろなアイテムを取りに一刻も早くギャレーに戻りたい時もあります。

しかし、ちょっと早歩きするだけでもお客様に風を切ってしまい、急いでいるのが全身から伝わってしまいます。

また、ギャレーに向けて一直線に歩いているCAだと、お客様もお声がけしづらいですよね。

どんなに急いでいても、優雅にゆっくりと歩き、手や顔など一つ一つの動きをゆっくりにして、丁寧な印象を作りましょう。




音への配慮を心がける

もうひとつ気にしたいのが音です。

ドアをばたんと閉める音、ギャレーでコンパートメントを開け閉めする音、忙しく歩き回っている音。

実はこれらの音はかなり響いてお客様にも分かってしまうのです。

特にギャレーで扱うコンパートメントや機内食のカートは取っ手部分が金属でできていることも多く、その音を気にしないで扱っていると大きめの金属音が発生してしまいます。

ドアは最後までゆっくり閉め、ギャレーでは金属音が鳴らないように優しく扱い、ばたばたと歩かないこと。

CAはこれらを徹底しています。

このように、音を鳴らさないように徹底するだけで、丁寧に作業している印象が伝わりますよ。


次のページ:第一印象にも繋がる!丁寧に見せるための細部への意識とアイコンタクト