CAが伝授するプレッシャーを感じる前日でも熟睡できる秘訣 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAが伝授するプレッシャーを感じる前日でも熟睡できる秘訣 1/2

プレッシャーを感じる前日はなかなか眠れない。そんな人も、ちょっとしたコツで熟睡できる方法があります!ぜひ、ご自分に合った方法を試してゆっくり眠り、あなたの能力を存分に発揮してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7186.jpg
CAが伝授するプレッシャーを感じる前日でも熟睡できる秘訣

緊張していてもぐっすり眠れる方法とは?

翌日大事なプレゼンがあったり絶対に失敗できない試験があったりすると、なかなか眠れなくて悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

CAのお仕事には定期的に訓練があり、その試験は絶対に落とすことができません。

試験前日はなかなかゆっくり眠れない、という日もよくありました。


また、勤務は早番や遅番などのシフト制のため、まだ眠くないのに眠らなければならない時や、厳しい先輩とフライトの前日は緊張してなかなか寝付けないということもあります。


しかし、CAのお仕事はお客様の命をお預かりしているということ。

どんな理由であれ、睡眠不足で乗務することは許されません。

今回は、どんな状況でも眠ることができるCA流のコツをご紹介いたします。





アロマオイルを嗅いで寝る 

アロマオイルは、自律神経を整えてくれる効果があり、寝る前に嗅ぐことでスッと眠りにつくことができるのです。

私がまだ新人の頃、毎日わからないことや不安なことが多く、不規則な生活にも慣れていなくてなかなか眠ることができませんでした。


そんな時に、尊敬する先輩から「アロマオイルをティッシュに2~3滴垂らして、枕の横に置くといいわよ!」と教えていただきました。


早速試してみると、ほんの数秒で眠れるようになりました!

この方法を知ってからは、アロマオイルは私にとって手放せない物となっています。

ステイ先に持っていくのを忘れてしまった時は、わざわざその土地で購入するほど重要なものになりました。

ラベンダーなど鎮静作用がある香りがオススメですが、ぜひ、ご自分がリラックスできる香りを選んでみてくださいね!




何も考えない

次の日、心配事があるとどうしても眠る前に考えてしまいますよね。

しかし、考え事は脳を活性化させてしまうため、逆に目が覚めてしまってどんどん眠れなくなってしまいます。

結局一睡もできなかった、という経験のある方も少なくないのではないでしょうか。


よく、経営者の方でも実践されているのが「瞑想」。

これは、何も考えずにゆっくりと深呼吸をして脳を休ませるというものです。

呼吸のことだけに集中することで、ごちゃごちゃ頭の中で考えていたものがスッキリとなくなっていきます。


これは何度か練習しなければ難しいですが、意識することでできるようになりますので、ぜひ頑張って続けてみてくださいね!


次のページ:アロマオイルでも瞑想でもダメだったら試してみたい方法とは?