CAのスケジュールから読み解く不規則勤務のメリット・デメリット | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAのスケジュールから読み解く不規則勤務のメリット・デメリット 1/2

CAと言えば不規則なスケジュール。年末年始やGWも働くことになるだけでなく、イレギュラーで休日がフライトになることも稀にあります。そんな不規則勤務による平日休みに見受けられるメリット・デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7147.jpg
CAのスケジュールから読み解く不規則勤務のメリット・デメリット

CAの不規則勤務の実態

CAだけではありませんが、接客業に分類される職業のほとんどはシフト制の不規則な勤務形態。

年末年始やGWなどの大型連休は繁忙期なのでなかなかお休みも取れません。

加えてCAの場合、天候や情勢に左右されスケジュールがガラッと変わる可能性も多々あります。

休日が不規則であることにはメリットもあればデメリットも。

今回は、CAのスケジュールから読み解く不規則勤務形態の休日についてご紹介いたします。




ネイルも病院もショッピングも!なんでも空いている平日

不規則勤務の場合、たまに休日が週末に重なりますがほとんどの休日は平日。

実は休日が平日であることは意外とメリットがたくさんあるのです。

例えば、ネイルサロンや美容院。

平日の夜や週末は予約が取り辛く、1か月くらい前からスケジュールを調整しなくてはいけませんよね。

基本的に平日の昼間はサロンも空いているので急な予約でも大丈夫なことが多く、その点はとっても便利!


その他、映画館やショッピングなど週末は人混みが予想される場所も平日だと空いています。

行列のできるお店も平日だと並ばずに入れたり!

このように何をしても空いていて快適と思えるのは、平日休みの最大のメリットと言えるかもしれません。




閑散期にお得に快適に旅行へ!

CAは、年末年始やGWなどの大型連休こそ繁忙期。

旅行や帰省で飛行機を利用される方が一番多い時期でもあります。

楽しそうに旅行に向かうお客様を見ていいな・・・と思うこともありますが、満席のフライトはお客様も大変。

狭い空間で満席だとなかなか寛ぐこともできませんよね。


このように繁忙期に頑張って働く分、閑散期はCAもまとまったお休みを取りやすいのです。

閑散期であれば移動手段も混んでおらず、ホテル価格も高騰せず、旅行先も空いているもの。

繁忙期に頑張った分、閑散期にゆっくりと旅行して羽を伸ばすのも悪くありませんよ。



次のページ:一方でCAたちが感じる不規則な休日のデメリットって?