CAに向いているのはこんな人!?素質ありとされる4つの適性 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAに向いているのはこんな人!?素質ありとされる4つの適性 1/2

どんな仕事にも適性がありますが、CAの適性とはどんなものでしょうか?CAに向いているのはどんなタイプの人なのか4つの適性をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1510.jpg
CAに向いているのはこんな人!?素質ありとされる4つの適性

客室乗務員になるための資質って何?

どんな職業にも適性がありますが、CA(客室乗務員)にも向いている人、向いていない人というそれぞれのタイプがあります。

CAの仕事にその人が向いているかどうかを決めるのは、身長や体力だけではありません。

実際にCAという職業に適性があるのはどんなタイプの人か、どんな資質が必要になってくるのかをご説明いたします。




CAに向いているタイプ1:人の役に立ちたいと思う気持ちがある

CAになるためには「誰かの役に立ちたい」と思う気持ちが必須です。

これはCAだけでなく接客業につく方すべてに共通ですよね。

お客様に喜んでいただくためには何をして差し上げたら良いんだろう、という思いからスタートするのが「接客」です。



そして、少しでも快適に空の旅を過ごしていただけるようお客様のお力になりたいと思って働いているのがCA。

お客様からの「ありがとう。」の一言だけで仕事にやりがいを感じ喜びを得られる、というのがCAになる適性のひとつといえるでしょう。




CAに向いているタイプ2:人と話すのが好きで、だれとでも仲良くなれる

CAは常に同じメンバーとフライトするわけではありません。

フライトには常にイレギュラーな出来事がつきもの。

天候不良で目的地に到着できなかったり機体のトラブルでフライトがキャンセルになったりと、CAのスケジュールはその都度変更になり、初めに受け取った1か月のフライトの予定のすべてが変更になった、という話も珍しいことではありません。


そのため、毎回初対面のメンバーと仕事をしなくてはならないのがCA。

「人見知り」では務まらないのです。



フライト中は常にお客様の情報を全員で共有しなくてはならないため、CA同士のコミュニケーション不足は命取りとなります。

ちょっとしたことでもお互いに情報共有できるようなスムーズなコミュニケーションをとることは、CAの業務にとっても大事なことなのです。

  

次のページ:知っているようで知らなかったCAに向いているタイプって?