現役外資系CAによる外資系エアライン採用試験 合格の鍵 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

現役外資系CAによる外資系エアライン採用試験 合格の鍵 2/2

近年、大手のエアラインだけでなく、LCCの大規模な日本参入に伴って、CA(キャビンアテンダント・客室乗務員)志望者にとって夢を叶えるチャンスが増えたと言えるのではないでしょうか。
そこで、今回はアジア系、欧州系エアライン計3社で客室乗務員経験のある私、美春が外資系エアラインと日系エアラインの違いや外資系エアラインに求められる資質をご紹介致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
449.jpg
現役外資系CAによる外資系エアライン採用試験 合格の鍵

外資系CA(キャビンアテンダント)に求められる資質とは?


外資系CA(キャビンアテンダント)に求められる資質


1 英会話力


外資系エアラインでなんといっても必要なのは英会話力です。
エアラインによって求められる英語力の目安は異なりますが、


・アジア系エアライン TOEIC600点程度
・欧州系エアライン  TOEIC800~850点以上
・欧米・中東系エアライン TOEIC850~900点以上


が目安と言えます。これはあくまで目安であって、共通して言えることは、入社直後にあるトレーニングを英語でクリアーできる能力があり、機内での緊急時に外国人クルーと日本人のお客様の間に立って冷静に適切な通訳が出来る能力があることがポイントです。


2 自分の意思をきちんと伝えられる自己主張能力


2つめに大切なのがきちんと自己主張ができる能力です。


日本では、“謙譲の美徳”という言葉があり、自己主張をすることに少し抵抗があるかもしれません。

ですが、外資系エアラインでは自分の意思をきちんと主張できないと意思がない人と思われてしまいます。


先にも述べましたように、外資系エアラインでは一機に乗務する日本人の人数が限られていて、入社直後からビジネスクラスを担当したり、フライト前のブリーフィングで外国人クルーに”日本の文化やおもてなし”に関して紹介したりと、ひとりひとりが自己の意思を述べ、イニシエティブを取れる能力が必要とされます。


といっても、日本人のお客様や日本人乗務員の先輩方にはきちんと日本人らしく接することができるのが大前提です。


いかがでしたでしょうか?外資系エアライン受験のヒントにしてみてくださいね。


次回は英語面接突破の鍵に関してご紹介致します。