腰痛、風邪、膀胱炎・・・自分でできるCA流冬の不調の対策 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

腰痛、風邪、膀胱炎・・・自分でできるCA流冬の不調の対策 1/2

華やかな世界に思えるCAの世界。しかし、働く環境は乾燥にはじまり時差、気圧の変化など過酷な条件のそのもの。腰痛や膀胱炎などCAの職業病とも言える症状も、自分で対策を取って予防するのがプロです。今回は冬に悪化しやすい不調を取り上げ、自分で行える対策を伝授いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8429.jpg
腰痛、風邪、膀胱炎・・・自分でできるCA流冬の不調の対策

CAの職業病ってある?

乾燥や寒さにより、普段は健康な人でも身体の不調を起こしやすい冬。


冬に悪化しやすい代表的な症状、腰痛や膀胱炎は、実はCAにとっては職業病とも言えるくらいかかりやすい不調なのです。

しかし、厳しい自己管理が求められるCAたちは、日頃から対策をとりこれらの不調と向き合っています。


今回は腰痛、膀胱炎、風邪について、CAの裏話と対策を詳しくお話したいと思います。



ほぼ全員が経験者!?腰痛

腰痛は、程度の差はあれほとんどのCAが経験したことがあると思います。



機内では、お客様にお配りする食事トレーが入った金属性の箱(カート)を2人もしくは1人で押して歩きます。

このカートが本当に重いのです。


揺れる飛行機の中、機内の狭い通路をこの重いカートを操作することは、寒さや疲れで筋肉が硬くなっている時には特に、腰をいためる原因になってしまいます。


カートを押す作業だけでなく、狭い空間で無理な姿勢をしたり、お客様のお荷物をお運びしたりと、腰に負担がかかる作業が多いのもCAの現実です。


【対策】

・日ごろからストレッチやYOGAをして筋肉を柔軟にしておく

・常に姿勢を良くし、正しい作業姿勢を心がける

・軽い運動やスポーツを習慣にする

・腰が痛い時はプライベートではなるべくハイヒールを避ける

・マッサージやお灸などに通う

・腰を冷やさないようにする


腰は一度悪くしてしまうと完治が難しかったり、症状が繰り返しやすかったりするので、軽度の異変にもすぐに対処することが重要です。



これだけ腰に負担のかかるCAでも、日ごろから意識して対策しているだけで腰痛とは無縁のCAもたくさんいるので、日頃からの心がけがいかに大切かが分かりますよね。




意外と多い!膀胱炎

これも、CAの中では結構多い職業病です。



「実は恥ずかしくて言えなかったんだけど、この前乗務中に膀胱炎になっちゃって・・・」という会話、CA間ではよくあります。


原因は主に、乗務中に忙しくてお化粧室に行くタイミングを逃し、我慢してしまうことが考えられます。


機内には基本的にCA専用の化粧室はないので、お客様と併用です。


CAは化粧室が混み始めるタイミングを理解しているので空いているタイミングで行けばいいと思われがちですが、忙しい便だと化粧室に行きたいタイミングで行けない!ということが起こります。


他にも業務を覚えることに集中しすぎてしまい、化粧室に行くのを忘れていて膀胱炎になったという新人CAにも多々遭遇したことがあります。

中にはこじらせて腎盂炎になってしまったというCAも。


【対策】
・化粧室には行けるときに行く

・とにかく我慢はしないこと

・膀胱炎かな?と思ったらすぐにお医者様に診てもらう


次ページ:CAが人混みでも風邪をひかない秘訣!