JAL顔vsANA顔を徹底解剖!顔つきと就職は関係ある? | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

JAL顔vsANA顔を徹底解剖!顔つきと就職は関係ある? 1/2

JALとANA。この2社に在籍していると必ずといって言われるのが、「JAL顔だよね」「ANA顔だよね」のお言葉。一体、JAL顔とANA顔はどう違うのでしょうか?就職には関係するのでしょうか?一度は疑問に思ったことがあるだろうJAL顔とANA顔について、徹底分析したいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1259.jpg
JAL顔vsANA顔を徹底解剖!顔つきと就職は関係ある?

JAL顔?ANA顔?



筆者は、写真のように誰が見てもTHE JAL顔で、実際にJAL出身です。

確かに、私の周りの同期や先輩にもJAL顔だなぁと思う人がたくさんいます。

でも、そもそもJAL顔ってどんな顔でしょうか?


そして、ANA顔とは?


よく、「私はANAっぽいと言われます。」「JAL顔だねと言われたので、ANAは難しいでしょうか?」という就活生の質問も受けますが、実際に関係はあるのでしょうか?


今回は、誰もが気になるJAL顔、ANA顔について徹底分析します!


顔つきと就職の関係

そもそもですが、顔つきと就職はなんら関係ないと思います。


JALやANAだけではなく、エアライン就職において見られているのは顔よりも内面なのは間違いありません。


内面を見て、自分の会社の雰囲気に合うかどうか、はある程度判断されるかもしれませんが、JAL顔だからJALに採用され、ANA顔だからANAに採用されるとは限らないと思います。


私自身も、就活時はANAも最終面接まで進みましたし(その後、JALに内定が出たので辞退しました。)、JALとANAダブルで内定の人もたくさんいました。


それでも必ず論点に上がるJAL顔とANA顔。


つまり、JALに合う雰囲気、ANAに合う雰囲気と言うのがどこか顔に表れて存在しているのだろうと思います。


また、最初はそうでなくても、会社のカラーに染まっていくこと、伝統的に先輩の背中を追いかけていることが、それぞれの表情を作っているのかもしれません。


JALっぽいの秘密!JAL顔とは



JAL顔、つまりJALのキャビンアテンダントに多い顔ってどんな顔でしょうか?

全員が当てはまるわけではありませんが、特徴として多いなぁと思うのは以下です。


・面長か細面の輪郭

・シャープでシュッとしたイメージ

・切れ長で涼しげな目元

・スキニーな人が多い


全体的に、女優系のキレイな人が多い印象です。


以前、「スチュワーデス刑事」というドラマで木村佳乃さんがJALのキャビンアテンダントを演じていましたが、まさに木村佳乃さんはJAL顔というイメージです。


また、「アテンションプリーズ」で真矢みきさんが教官を演じていらっしゃいましたが、入社訓練で本当に真矢みきさんのような雰囲気の教官がいらっしゃったので、イメージがかなりリンクしたのを覚えています。


次のページ:気になるANA顔と、就活で問われることとは