商談も左右する!?オフィス訪問時の手土産マナー | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

商談も左右する!?オフィス訪問時の手土産マナー 1/2

お客様のオフィスに訪問する際、何気なくお手土産を選んでいませんか?お手土産は単なるギフトではなく、商談の印象を左右するツールです。どんなお手土産を選ぶか、だけではなく、どう選ぶかも重要。基本のマナーを押さえて、手土産美人を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5676.jpg
商談も左右する!?オフィス訪問時の手土産マナー

お手土産にもマナーあり!

私は、客室乗務員から転職後、計5年間秘書を務めていました。

秘書の仕事のひとつにあるのが、上司のお手土産選び。


お手土産選びなんて、適当に高級なものを用意すればいいのでは?と思われがちですが、お手土産選びにはセンスはもちろん、マナーも問われます。


上司の大事な商談や表敬訪問において、もし常識のないお手土産を持たせてしまったら、それは会社のイメージの低下に繋がることもあります。


商談のポイントになるお手土産だからこそ、気を抜くことなく、素敵なお手土産を選びましょう!

今回は、オフィス訪問の際にお持ちするお手土産について、知っておきたい基本のマナーをお伝えいたします。



迷わず選ぶべきは個包装!




オフィス訪問時の基本は、個包装のお菓子です。


渡されたお手土産がどうなるかということを考えると簡単なのですが、お手土産は基本的に社員間で配られます。

仕事中に配布されることがほとんどなので、その場ですぐ召し上がれない方もいらっしゃいます。


会議中や、集中して作業中なのに、ホールケーキが1個回ってきて、どうぞ一口ずつ食べてください!と言われても困ってしまいますよね?


もちろん、大福などの和菓子でとても有名なものはお手土産としても好まれます。

いただく方ももちろん嬉しいです!


それでも、どうやって分ける?と大体困ってしまうものなのです。


お手土産マナーの基本は相手を煩わせないこと。


オフィス訪問と言うことは、勤務時間にその会社にお邪魔することです。


いただいたお手土産を配布する社員、配布される社員どちらにもお手間をかけないのが、個包装のお菓子なのです。

個包装を見つけるのが難しければ、せめてそのまま配布できるようなお菓子にしましょう!

次のページ:まだまだあります!ワンランク上のお手土産選びのコツ