英会話スクールに通わなくてもOK!日常生活で無料で英語をアウトプットする裏技 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

英会話スクールに通わなくてもOK!日常生活で無料で英語をアウトプットする裏技 1/2

いつも机上の勉強ばかりで肝心の会話スキルがアップできていない。そんなお悩みをお持ちのあなたに、英会話スクールに通わずとも覚えたての英語を使ってスキルアップができる方法をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5619.jpg
英会話スクールに通わなくてもOK!日常生活で無料で英語をアウトプットする裏技

日常生活で無料で英語をブラッシュアップ


TOEICや昔の英語教科書で英語の勉強は頑張ってしているけれど、専ら机上ばかりで肝心の英会話を実践する場がなかなか持てない。

そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

英会話スクールに通ってはみるものの、週に1回に1時間程度ではどうも効率よく覚えられていない気がする。

そんな皆さんに日常生活の場で無料で英語をブラッシュアップさせる方法を伝授します。


そもそも英会話力をアップさせる脳の仕組みとは?

机上での英語学習を一生懸命頑張っているけれど会話力がアップしない皆さん、そもそも学習方法を見直す必要があるかもしれません。

世界目線で見た際、日本での英語学習者にありがちな傾向として、インプットとアウトプットのうち大幅にインプットに偏ってしまっている事による会話力の低さが挙げられるかと思います。

語学を習得しようとする際、インプットと同じ位のボリュームで必要になってくるのがアウトプットです。

アウトプットとは、覚えた英単語やフレーズをそのまま声に出して使う事。
そのフレーズを使って誰かと会話をする事です。

インプットをしただけでは、残念ながら確実に自分のものにはできていません。そのフレーズを実際に外国人との会話で使い、通じる事が分かった事を体感する事で脳が「使えるスキル」として覚えてくれるのものなのですね。

英語習得の壁を非常に難しく考えている方も多いかと思いますが、この「インプット」と「アウトプット」を同じ様に実践してあげれば確実に自分のものにしていく事ができるのです。


日本でのアウトプット実践の難しさ

アウトプットが必要なのはわかっているけれど、「その肝心なアウトプットの場がない!」とお嘆きの方も沢山いらっしゃるかと思います。

確かに、アメリカやカナダ、アジアでは香港やシンガポールなどの多民族国家に比べて、長い間単一民族国家として繁栄してきた日本では、まだまだ日本語以外の言語を耳にしたり使ったりする機会が少ないのが実情です。

何とか上達させようと英会話教室に週に1度1時間通っても、何となくその場限りで、更には自分が頑張って覚えてきた内容とその日の授業テーマが違ったりもしますよね。

一方インプットに関しては、CNNやBBCなど海外ニュースや、最近では日本に居ながら海外ラジオを聴くこともできます。英字新聞も地下鉄のキヨスクで簡単に手に入れることができるようになりました。

では、もっと気軽にアウトプット量を増やしていくにはどうしたらよいのでしょう?


次の章では、日本に居ながら無料できるアウトプットの方法をお伝えします!

次のページ:誰でもでき喜ばれる!無料英語アウトプットの方法