CAから事務職へ!OAスキルの替わりに自己PRを工夫~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.8~ 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAから事務職へ!OAスキルの替わりに自己PRを工夫~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.8~ 2/2

CAから事務職への転職体験記です。OAスキルがなくても大丈夫。CAというと接客スキルしかアピールできるポイントがないと思われがちですが、少し視点を変えれば、アピールできるポイントはいくらでもあります。私の体験をもとに、事務職への転職成功の秘訣をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5699.jpg
CAから事務職へ!OAスキルの替わりに自己PRを工夫~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.8~

接客スキルだけじゃない!CAの経験からアピールできるポイント

CAとして培った経験は、笑顔やコミュニケーションスキルだけではありません。


業務遂行能力や時間管理力、適応能力などアピールするべきポイントは別にあったのです。


OAスキルは自己学習でいくらでもカバーできます。会社によっては独自のシステムを使っており、スキルを重要視していない場合もあります。

もし接客業から事務職へ転職を希望している人がいれば、少し視点を変えてみてください。伝え方次第で、アピールできる経験はいくらでもあります。

事務職として入社してからはOAスキルを磨くことに重点を置きました。

参考書を読んだり、周りの人に聞いたり、インターネットで調べたり。語学と同じで勉強したことがすぐに返ってくることが嬉しくて、時間を見つけては本や資料を読み漁っていたことを覚えています。

探求熱心な性格のおかげか、Excelマクロや、Accessでのデータベース構築など、使う機会がほとんどないような知識まで身に付きました。


最後に

現在はフリーランスとして、秘書業務や事務の傍らライターとして活動しています。

結婚、出産、介護などライフスタイルが変化する中で、家庭と仕事を両立させるにはどうしたらいいのか。多くの女性たちと同じように私も悩み、フリーランスという働き方を選びました。

自由に場所や時間を選べることの気軽さの半面、難しさも日々痛感しています。大変なことも多いですが、それよりもやりがいや期待値のほうが上回っていて、とても充実した毎日を過ごしています。

人生に無駄なことなんて一つもありません。自分で納得して選んだ道を、後悔のないよう精一杯歩んでいきたいと思っています。