履歴書の自己PRはどうする?合格者の実例付き!自己PRのポイントを伝授 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

履歴書の自己PRはどうする?合格者の実例付き!自己PRのポイントを伝授 1/3

履歴書の項目の定番「自己PR」。何をPRすれば良いのかお悩みではないですか?ここではCA受験にはどんな自己PRが向いているのかを、CA合格者の実際の自己PRの実例を含めご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5429.jpg
履歴書の自己PRはどうする?合格者の実例付き!自己PRのポイントを伝授

履歴書はいつ準備する?

客室乗務員の履歴書は各航空会社で違いますし、学校で買える履歴書では対応していない場合がほとんどです。

つまり、実際にエントリーしてからでないとその会社の履歴書がどのようなものか分からないということ。


それでは準備のしようがないとお思いのあなた。

履歴書をダウンロードしてから履歴書を作成しようとしているあなた。

それでは遅いですよ!


エントリーシートは一度「これで完璧」と思っても、その後絶対に修正したいポイントが出てくるもの。つまり一度早めに仕上ておけば、本番までにさらに磨き上げることができるのです。


ここではCA受験の際に自己PRすべきポイントを、CA志望者の自己PRの実例を含めご紹介します。



CAのエントリーシートでPRすべきポイント

自己PRはどの航空会社でも書かなければいけない定番の項目です。まず自己PRを少なくても2つは作成してください。


会社は募集要項に"求める人材"を挙げています。通常はそれにそって自己PRを作成していきます。

そしてCAへの就職活動のための自己PRで焦点をあてるべきポイントは、

①あなたの思いやりからあなたが起こした行動や出来事

②あなたの気遣いからあなたが起こした行動や出来事

③あなたの気づきがあったからこそできたあなたが起こせれた行動や出来事


これらのポイントにあった出来事はあなたの優しい人柄だけでなく、そこから素晴らしいおもてなしができる人材であることが読み取れる自己PRになります。


そして、たくさんアピールしたい出来事はあると思いますが、ここでは一つのストーリーだけを書いてください。

そのストーリーはあなたのことを知らない面接官が読んで、あなたのことをイメージできることが何よりも大切です。


次は、実際にCAに合格した受験生の自己PRの実例をご紹介します。


次のページ:CA合格者が自己PRに使ったエピソードとは?