もう残業しない!【客室乗務員流・効率アップ術】仕事編 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

もう残業しない!【客室乗務員流・効率アップ術】仕事編 2/2

元客室乗務員、現在OLの菜々子が効率をあげる仕事術をお教えします。「一生懸命やってるのに仕事がなかなか終わらない」、「なぜかいつも残業している」というOLの方はもちろん、現役客室乗務員や主婦の方までお役立ていただけるコツが満載。これで残業もなくなるかも?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0791.jpg
もう残業しない!【客室乗務員流・効率アップ術】仕事編

動線を見直してみる

トイレに行くまでの動線、コーヒーをとりに行くまでの動線、コピー機までの動線など身の回りの動線を見直してみましょう。

何度も立ち上がったり、何度も同じ場所を通ったり、無駄な動線になっていませんか?

一度立ち上がったらもうしばらく立ち上がらないぐらいの心持ちで一回の動線で終わるものを一気に済ませる事を日頃から意識してみてください。


それは会社内までいかなくてもデスク作業をするときも同じです。

何度も同じ棚を開けたり閉じたりしてませんか?


棚を一度開けたら、その際にしまうものはないか、取り出すものはないか、一気に済ませる意識を持ってみてください。無駄な動線が少しでも減れば確実に効率アップにつながります。



「だから出来ない」を「だからこそ出来る」に変える

例えばパソコンで資料作成をしているときに仕事の電話がかかってきました。電話中はさすがに資料作成は続けられないので中断することになると思います。


メールチェックをしたくてもメールの文面を読んでいたら電話の内容が頭に入ってこないですよね。電話がかかってくると出来る事がなにもないかもしれません。


ですが、私の周りの仕事のできる方は、そんな時間だからこそ出来ることを探すとおっしゃっていました。



例えば、コーヒーを注ぎにいく、溜まったプリントを整理する、出力したデータをコピー機まで取りに行くなど、次の会議で必要なものをファイリングする等、その時にしか出来ないことを探してみましょう。

「電話しながら」でも出来る単純作業をすることをおすすめします。



いかがでしたでしょうか?

ほんの少しのほんのわずかな時間でも意識を変えてみれば、効率アップに繋がります。普段の仕事の仕方で短縮できるところはないか見直してみてください。


次回は【客室乗務員流・効率アップ術】クッキング編をお届けします。