明日から得意に!感じの良い褒められ電話応対のコツ2つ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

明日から得意に!感じの良い褒められ電話応対のコツ2つ 1/2

電話対応は相手の顔が見えないから苦手、緊張してしまうと感じている方も多いはず。ここではCAの接客経験を元にした、電話応対がグンと感じ良くなる方法をお伝えいたします。明日から「電話対応は得意」と言えるようになりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0711.jpg
明日から得意に!感じの良い褒められ電話応対のコツ2つ

「電話が苦手」を克服しよう!

電話を取るのが苦手、という人は多いと思います。

誰からかかってくるか分からないうえに、めったにない用事だと、内容を掴むのにも時間がかかります。

間違った対応をすれば先輩から怒られてしまうし、良い方法はないかな、と思っているあなたに朗報です。

電話対応がグンと感じ良くなるための、これだけ押さえれば大丈夫!というCAの接客経験を元にした2つのポイントを、特別に皆様にお教えします。




ポイント1: 電話は声が命!声に表情を持たせよう。

当たり前ですが、電話では声しか判断材料がありません。

それなのに、感じが悪い、良いと印象が分かれてしまうのはなぜでしょうか。

実は、声には顔よりももっとわかりやすい「表情」があるのです。


例えば、週末に遊ばないかと誘った時、友達の「う、うん......」という返事の仕方で、「あまり気乗りしないのかな?」と思ったり、逆に、「うん!」という返事に、すごく楽しみにしてくれてるんだな、と思ったりしたことはありませんか?

私たちは知らず知らずのうちに、声のトーンや速さから、声にこもっている感情を読み取り、相手の気持ちを想像しています。

電話の相手も同じこと。

あなたがちょっと疲れていたり、いらいらしたりしていると、電話をかけてきた人は瞬時にそれを察してしまうものなのです。


声に表情をもたせるためには、明るい気持ちで電話を取ることが大事。

また、いらいらしたり、面倒だなと感じたりというマイナスの感情が湧いてしまっても、声に出さないように注意することが必要です。



CAは、機内アナウンスを行う時、口の両端を上げて笑顔で話すよう心がけています。

たとえ声だけであっても、笑顔の表情を声に乗せるように気をつけているのです。

声のトーンは高めに、柔らかく聞こえるよう、笑顔で声を出しています。

これは電話対応に応用できます。

電話に出る際には、気持ちを明るく、嫌なことがあっても切り替えて、100パーセントの笑顔で電話に向かうようにしましょう。


次のページ:ただ名乗るだけでは不十分なのはなぜ?