日本の感覚とは違う?!外資系に好かれる人の特徴 3/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

日本の感覚とは違う?!外資系に好かれる人の特徴 3/3

CAとして働く上で、日系と外資で求められるパーソナリティが大きく異なります。CAに限らず、外資系企業で働きたい、グローバルに活躍したい、という目標をお持ちの方に、外資系に好かれる人の特徴をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5263.jpg
日本の感覚とは違う?!外資系に好かれる人の特徴

② 積極的なコミュニケーションができること

次に、グローバルに好かれる人に成るためには、コミュニケーションの取り方も大事なポイントとなります。


日本人女性のコミュニケーションは、受け身である事が美とされる傾向にあります。

これは決して悪い事ではなく、日本社会では非常に大事で必要な事だと思っています。

控えめで、余計な事を語らず相手に合わせられる日本人女性のは本当に素敵に映りますし、世界中の男性もこんな女性をお嫁さんにしたいと強く思う事でしょう。


私自身も日本で生活する今、外資気質がすっかり染み付いてしまっており、少しでも日本人女性像に近づきたいと日々思っています。

しかし、外資系ではどうかと言うと、日本とは真逆のコミュニケーションが求められています。

つまり自ら積極的にコミュニケーションを取り、


「相手に興味を持っている」

「自分の意見を持っている」

「楽しませてあげる気持ちがある」


このような事が出来る人がどこへ行っても魅力的な人とされ、合格通知を獲得していくのです。


つい最近、私が講師を務めるエアラインスクールで海外からお客様をお招きしウェルカムディナーを開いた際のお話です。

良いコミュニケーションの場になると思い、外資系 CAを目指している生徒さんにも数名お声がけをし同席をしてもらいました。

ところが、お食事会が始まってみると、彼女たちは慣れない海外の方を目の前にお人形さんのような可愛らしく対面で座ってはしているものの、緊張の様子で出てくる言葉もなく相手を見つめているだけなのです。


お客様もその様子にどうして良いか分からず、シーンとしてしまう場面がありました。

その様子に慌てた私たちはとっさに席替えをしその場を乗り切りました。


心配になり後から聞いてみると、やはり「慣れていないので、どうして良いのか分からなかった」、「英語力に自信がなかった」と反省をしている様子でした。

この経験のお陰で、彼女達は一念発起し海外でのコミュニケーションのあり方も含め英語に取組むようになってくれた事は大きな気づきだったのではないでしょうか。




日本の女性像とは少し異なった素質


以上、外資系に好かれる人の特徴をまとめてみました。


CAはお客様だけでなく、日系、外資を問わず周りにいる人全てを楽しませる位の気持ちを持っている人が選ばれていきます。


特に外資系で働きたい方やこれからグローバルに活躍されたい方は、英語だけでなく、せっかくお持ちの素晴らしいお人柄が伝わるように、日頃から人からどう見られているか、印象やコミュニケーションの取り方にも意識を向けてみてください。

シンプルな事ですが、この2つが変わるとグッとグローバル人に近づけること間違いないでしょう!