【CA→レシピ開発・コラム執筆】家庭と仕事を両立!~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.2~ 3/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

【CA→レシピ開発・コラム執筆】家庭と仕事を両立!~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.2~ 3/3

結婚や出産を意識すると、女性は特に自分自身の社会との関わりと家庭との両立に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?CAは家を留守にする機会も多い少し特殊な職業です。転職やセカンドキャリアにつて考えていらっしゃる皆様が前向きになれるような体験談をお伝えできましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4210.jpg
【CA→レシピ開発・コラム執筆】家庭と仕事を両立!~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.2~

転職までの道のり


将来の理想像が定まった時にまず私に必要だったことは説得力のある技術をきちんと習得することでした。

料理が好きという女性は沢山いらっしゃいます。そんな中、自分が料理を教えられる立場になるためにはまず学校に通うことだと思ったのです。

悩んだ末に、私は料理の技術と幸せな食卓をトータル的にプロデュースするための方法を学ぶエコールエミーズに入学を決め、その2ヶ月前に会社を退職しました。


現在は学校を卒業し、レシピサイトへの料理の提案やコラムの執筆、料理本のアシスタントなど様々な方向から食の魅力をお伝えできるよう日々取り組んでおります。

まだまだ始めの1歩を踏み出したばかりですが、1つ1つの仕事に刺激をいただきながら、新たな目標を見つけて自分のペースで進んでいけたらと思っております。



転職を成功させるモットー

理想のライフスタイルをイメージすること

1年後、3年後、5年後、自分がどのような人と関わり、どのような環境の中で働いていたいかを、できる限り具体的にイメージすることが大切だと思います。

ノートにご自身の理想を書いてみるのも良いかもしれません。そうすることで、今やらなければならないことがはっきりと定まってくるはずです。

理想はあくまでも具体的に。万が一それがきちんと実現できなかったとしても、自分を責めすぎたり落ち込みすぎたりせずに、良い意味で適度に時の流れに身を任せることも大切です。

神経質になり過ぎて今を楽しむことを忘れてしまってはもったいないですよ!



転職して良かったと思うこと


出会いの幅が広がる

まず私が安心したことは、今まで苦労や楽しみを共にしていた大切な同期との関係はずっと変わらないということです。

航空会社特有の厳しい訓練を一緒に乗り越えた仲間は、とても強い絆で結ばれているように思います。同期と疎遠になってしまうのでは?という不安を見事に取り除き、今でも変わらず定期的に食事ができる大切な同期には感謝の気持ちでいっぱいです。

そして更に、新しい世界に踏み込むことで広がるのは人との出会いの輪です。


今まで話をする機会のなかった違う環境の方との出会いは必ず自分自身を成長させてくれます。様々な人と出会うことで物事に対する価値観の違いもすんなりと受け入れられるようになります。



新たな自分の一面を知ることができる

学生時代から、ホテルやカフェで接客のアルバイトをし、社会人になっても客室乗務員としてお客様の前に立っていた私は、サービス業ばかりを見てきました。接客業に馴れ親しんでいたため、逆を言えば「それ以外に私ができることなんてあるのだろうか?」と自分自身に問いかけても何も見つからないといった状況。


そんな中、退職後に食関係の仕事の一環としてレストランの厨房に入る機会がありました。お客様の顔が見えない閉ざされた空間の中でも、この場で作った1皿がお客様の笑顔に繋がるんだと言う確信が持てた瞬間、厨房での仕事のやりがいに気が付くことができたのです。

今まで想像もしなかった自分を見つけられるのはとても貴重な体験だと思います。



転職を考えていらっしゃる方へ

この仕事を辞めたら周りの人からどう思われるだろう? せっかく苦労して入社した会社を簡単に辞めてしまってようのだろうか? せめてあと1、2年位は続けた方が良いのでは?

転職を考え始めると様々な悩みが出てくるのは当たり前のことです。

新しい環境に踏み出す時は不安がつきものだと思います。


しかし、それでも転職を考えていらっしゃるあなたは、きっと少なからず今の状態を変えたいと思っていらっしゃる方や、こんなことをしてみたいという理想が漠然とある方なはず。不安要素を頭の中で膨らませるのではなく、転職した先にある理想の自分をできる限り具体的にイメージすることが大切だと思います。

そのイメージが鮮明になればなるほど、モチベーションも高まり、自信も湧いてくるはずです。

皆様の新たな一歩を心より応援いたします!