この夏こそ知りたい!元国際線CAが教えるニオイで嫌われないためのマナー | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

この夏こそ知りたい!元国際線CAが教えるニオイで嫌われないためのマナー 1/3

猛暑で汗をたくさんかく毎日、気になるのはニオイではないでしょうか。ニオイは人を不快にさせ、側に寄りたくないと思われてしまいます。どれだけいい人であったとしても、ニオイがきつい人と一緒に仕事をしたくありませんよね。この夏必見、ニオイ対策マナーをお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4061.jpg
この夏こそ知りたい!元国際線CAが教えるニオイで嫌われないためのマナー

1.自分のニオイを自覚しましょう!


猛暑が続くと、毎日汗をかいて気になってくるのがニオイですね。ニオイは人を不快にさせます。しかしながら、このことに気付いていない人が多いのも事実です。


ある友人の話です。

小さな子どもがいる友人は、毎日のお買い物に出かけるのが大変なので、宅配サービスを頼むことにしました。電話をして問い合わせたところ、電話の対応も感じ良かったのでお願いしようと思い、宅配業者の方が契約のために自宅にいらっしゃいました。


宅配業者の男性が自宅にいらした途端、「クサイ!クサ過ぎる・・」とあまりの強烈なニオイに驚いたそうです。とてもいい人で、詳しく説明をしてくださるのですが、あまりにもクサくて、気分が悪くなってしまい、とにかく早く帰ってほしいと思っていたそうです。


友人は結局、その宅配業者と契約をしませんでした。その方はいい人でしたが、あの強烈なニオイを放ちながら、平気でお客様の家に上がりこめることが信じられないと思い、ニオイについてその後クレームを入れ、他業者と契約したそうです。


ニオイのような身体に関することは、なかなか注意できませんよね。嫌だと思っていても我慢するしかなく、いくらその相手がいい人であったとしても、次第に嫌悪感が出てきてしまうものです。


どれだけ仕事で成果を出したとしても、人に親切にしたとしても、ニオイで嫌われてしまうのは非常に残念であり、もったいないことなのです。まずは、自分自身でニオッていないだろうかと意識することが大切です。ニオイがきつい人というのは、自分ではそれほど臭くないと思っていることが多いので、遠慮なく注意してくれる家族や親しい間柄の人にも、ニオイがないかどうか聞いてみましょう。



次のページ:ニオイの原因&対策は?