中身より外見!?第一印象の重要性とは~「また会ってほしい!」と思われるvol.1~ 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

中身より外見!?第一印象の重要性とは~「また会ってほしい!」と思われるvol.1~ 2/3

これまでの人生を振り返ったとき、また会いたい人と、二度と会いたくない人がいたと思います。この違いは一体何なのでしょうか?それは第一印象が好印象であったかどうかです。
また会ってほしい!と思われるための第一印象UPの秘訣をお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q2021.jpg
中身より外見!?第一印象の重要性とは~「また会ってほしい!」と思われるvol.1~

2.パッと見&声の表情で決まる!


思い出してみてください。 初めてアルバイト先に行ったときのこと。新しく習い事をはじめたときのこと。 入社式のこと。 新しい部署に配属されたときのこと・・・

初めて会った人のどこを見て、 瞬時に第一印象を抱きましたか?
外見を見て判断したという人が多いでしょう。

具体的には、表情、髪型、服装など、パッと見てすぐわかるところですよね。 これは視覚情報によるものです。視覚はわかりやすいですね。 見た目ですから、パッと見ですぐわかります。

では聴覚はいかがでしょう? 38%とかなり高い数値が出ています。 日頃から聴覚を意識していますか?
感じのいい人と感じの悪い人は、 話し方や口調に違いがあるのです。

 文字にすると全く同じ文章を話しているのに、 人によって印象が違うのはなぜでしょうか?それは、声の表情、トーン、スピードなどから、その人の印象を私たちは感じ取っているからなのです。

これが聴覚情報38%の割合です。

だからこそ、電話対応を馬鹿にしてはいけません。 音声のみで、人は第一印象を判断します。 声の印象が感じ悪い場合、 会社全体の印象が最悪だと思われてしまうのです。

クレームの大半は、表情と声の印象が悪かった場合に起きています。


クレームの大半は、表情と声の印象が悪かった場合に起きています