元国際線CA秘書が教えるできるビジネスマンの上手な頼み方 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

元国際線CA秘書が教えるできるビジネスマンの上手な頼み方 2/2

チーム内で気持ち良く仕事をするためにも、「上手な頼み方」を知っていると、
頼む方も頼まれる方も気持ちよく仕事ができます。もちろん、仕事の場面だけではなく、誰かに何かを頼む時、どう頼むかによって、受け手の印象は大きく変わります。
そんな頼み方について、CAや秘書の経験を通じて私が見てきた、できるビジネスマンの頼み方をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3979.jpg
元国際線CA秘書が教えるできるビジネスマンの上手な頼み方

2 +αの一言がやる気をアップ!

機内でも使える!「上手な一言」


頼みごとが上手だなと感じるのは、「後でいいから」や、「お手すきの時でいいから」の一言です。

もちろん、特にスピード感を重視しない頼みごとである前提は必要になりますが、この一言を添えてもらうだけで、頼まれる方もやる気がアップすることは間違いなしです。

特にCAをしていた時、いろいろなお客様からのいろいろなリクエストを一気に受け、プライオリティやお待たせしていないかを必死で考えている時、 「新聞持ってきてもらえる?後でいいから」とおっしゃってくださる方には、こちらのことをさりげなく気遣ってくださる様子が分かり、 細やかな心遣いのできる方だな、と思ったものです。

また、不思議なことに、「後でいいからね」と言われる方が、すぐに持っていかなくては!と思ってしまうのも事実。

やはり、配慮していただいたことが分かると、それに応えたいと思いますよね。

この+αの一言を言えるか言えないか、そこに差を感じてしまいます。

3 やってもらって、ありがとう


やってもらって、ありがとう

上司が部下に仕事を頼むことは、業務指示だから当たり前。

お客様がCAに何か頼むことは、お客様なのだから当たり前。

もちろん、その考えは間違っていません。

ただ、そこに感謝の気持ちを表現できるかできないかで、人としての懐が垣間見えます。

「ありがとう」は簡単に言える、でもみんななかなか簡単には言えない言葉な気がします。

照れずに、伝えることが大事!

頼まれごとを引き受けてくれた時、頼まれごとをやってくれた時、せめてその2回は「ありがとう」を伝えることができる人が、 人間として、細やかな部分への配慮が行き届いているなと感じます。

やってもらって当たり前、という考え方ではなく、やってもらってありがとう、の気持ちはお互い大事にしたいですね。



3つのポイントはそれぞれ当たり前のことのように聞こえますが、意外と実践できている人は少ないものです。

仕事のできる人は、必ず細やかな配慮ができています。 こういった当たり前と思われがちなことだからこそ、気を付けて配慮していきたいですね。