ネチネチよりもサッパリ?女性だらけのCAの世界は超体育会系! | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

ネチネチよりもサッパリ?女性だらけのCAの世界は超体育会系! 1/2

CA・キャビンアテンダントの世界は女の園。ネチネチして大変そうというイメージがあるかもしれませんが、意外にも超体育会系の世界なんです。ここではそんなCAの世界を少しご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1531.jpg
ネチネチよりもサッパリ?女性だらけのCAの世界は超体育会系!

実は体育会系!?なCAの世界

CAの世界は女の園。

女性ばかりの世界と言うと、どうしても陰湿なネチネチしたイメージを持たれがちです。

しかし、CAの世界はネチネチというよりも、体育会系なことがほとんど!

厳しいところはもちろん厳しいですが、竹を割ったようにさっぱりした人が多く、怒ったことを引きずりません。

そんなCAの体育会系な世界を少しだけお見せします。




オフィスに入るときは挨拶して一礼

オフィスに入るときは、誰も見ていなくても「おはようございます!」など挨拶をして一礼をしてから入ります。

誰に挨拶をするというわけでもなく、その空間全体に挨拶をして「よろしくお願いいたします」という気持ちを示すためです。

その後、本日のフライトメンバーの一人ひとりへ挨拶をします。

先輩を見かけた場合は、必ず自分から挨拶するのが鉄則です。




先輩の雑務には必ず「私がやります!」

フライトの準備や資料作り、コピー取りなど新人が行う業務は決まっています。

それ以外でも先輩が何か雑務をやろうとしていたら、まず「私がやります!」と声をかけます。

機内でも先輩が何かを運ぼうとしていたり、頼まれものをしていたら必ず「私がやります!」。


先輩の仕事を取るのが新人の仕事とも言われる程、常に周囲の行動に気を配って自分ができることはないか意識を張っているのです。

次のページ:CAの新人時代は意外と長い!?