背が小さくてもCAになりたい!試験突破の裏技はこれ! 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

背が小さくてもCAになりたい!試験突破の裏技はこれ! 2/2

安全上の理由から身長制限のあるCAと言うお仕事。でも、背が小さいからといって諦めたくないですよね?試験突破の可能性が高まる!?ちょっとした工夫や裏技をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8623.JPG
背が小さくてもCAになりたい!試験突破の裏技はこれ!

見せるワザ

身長制限は安全上の理由ですが、CA=スタイルが良い、というイメージありませんか?

面接日当日、

・夜会巻きで身長を高く見せる

・高めのヒールを履く

・タイトスカートと一つボタンのストライプのスーツで縦のラインを強調する

など”見せる”ワザも効果的です。

高めのヒールを履いた時に猫背になってしまうと小さく見えてしまうので、歩き方には要注意です。




小さくても負けない魅力を持つ

「身長に負けない魅力を備えていること」は、もしかしたら、実際の身長より大切なことかもしれません。

実は、私はCA受験をした当時は身長が156cmしかありませんでした。

受験した会社の身長の条件は、最低158cm。

エントリーシートには、158cmと書きました。

選考が進み、もちろん身体検査があります。

面接の最後に、簡単な身体測定がありました。

その際、「測りたくないんです!実はわたしは156cmしか無いんです!ごめんなさい!」と、正直に謝りました。

その時の面接官は笑って許してくれました。

同期には152cmのCAもいます。

私はラッキーだったのかもしれませんが、身長を超える魅力があれば合格も夢ではないんですよ。


ただ、背の低いCAにとって、大きな機材での乗務はとても腰や体に負担がかかるのは事実。

腰痛は職業病とも言えるでしょう。

それが原因で乗務を続けられなくなったCAも少なくありません。




いかがでしょうか?

身長の高さは生まれもったものですが、諦めずに工夫して、なんとか夢を叶えられたらいいですね!



併せて読みたい

CAになりたい人必見!CAって身長が高くないとなれないって本当?

細かい身体検査に体力測定!笑顔だけでは乗り切れないCA最終試験

CAに向いているのはこんな人!?素質ありとされる4つの適性