異文化理解は小さな所に表れる!証明写真から紐解く文化の違い | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

異文化理解は小さな所に表れる!証明写真から紐解く文化の違い 1/2

CAだけでなくどんな職業の人でもつけている写真付きのIDカード。実はその写真にも文化の違いが表れているのはご存知ですか?外資系にいて気づいた写真からわかる異文化理解についてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1329.jpg
異文化理解は小さな所に表れる!証明写真から紐解く文化の違い

IDカードの写真見たことありますか?

空港内を歩くCAやチェックインカウンターで働く地上職員、飛行機の不具合で機内で見る整備士など航空会社には色々な職種があります。

その全員が写真つきのIDカードを付けています。

空港などセキュリティの厳しいところでは写真つきのIDカードを目につくところに付けている職員がたくさんいますが、その写真を見てまるで違う人みたいなどと思ったことはありませんか?

そんなときに気が付くのはだいたい、雰囲気が違うとか、顔が違う人みたいとか、髪型が違うとかではないでしょうか?

今回はIDカードの写真についておもしろエピソードをお話します。




笑って笑って!

最近ではマイナンバーカードを作るための写真、学生のときは学生証の写真、外国へ行く時にビザを取るための写真、就職活動をするときはそのための写真、免許証を更新するときなど、証明写真を撮る機会はたくさんありますよね。

顔写真を撮る時、皆様はどんなことを気を付けますか?

きっと、カメラを見つめて真面目な顔をしているはず。

私達日本人は、証明写真を撮るときには正面を向き、一点を見つめて写真を撮ることが普通ですよね。


IDカードを失くしてしまった同僚に付き合って本国の会社に出向きIDカードを一緒に作り直しに行った時、写真を撮る時にまじめな顔をして口を真一文字に結んでいた同僚に向かって担当社員が言った言葉が「笑って!笑って!」だったのです。

もちろん日本での証明写真じゃ考えられないこと。

筆者と同僚は、顔を見合わせて「笑って?って言ったよね?」と驚いてしまいました。

もちろん国や会社の規定にもよりますが、外国では証明写真は笑顔で写ることが普通なのです。


次のページ:証明写真は笑顔が当たり前!?