台風でフライトが欠航!知っておくと安心の慌てない対応方法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

台風でフライトが欠航!知っておくと安心の慌てない対応方法 1/2

9月、10月は台風が最も多い季節。せっかく予約していたフライトが欠航になってしまった経験をされた方も多いのでは?いざ自分が巻き込まれた時に慌てないよう、台風が来た場合にどう対応すべきかをまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7870.jpg
台風でフライトが欠航!知っておくと安心の慌てない対応方法

台風で飛行機がキャンセル!その時どうする?

秋は台風の季節。

そして、台風が来ると避けられないのが飛行機の欠航です。

台風の影響で予定していた飛行機が遅れた、欠航になったという経験をした方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

もし自分がそのような状況になっても慌てなくていいように、台風が来たときの行動を改めてご紹介いたします。




晴れてるのに欠航するのはなぜ?

台風が接近しているエリアならともかく、たまに全く関係ないエリアでも台風の影響で欠航する場合があります。

それはなぜかというと、機材繰りができないから。

もし東京に台風が直撃した場合、あらゆるフライトが東京から離陸できなかったり、着陸できなかったりという事態に陥ります。

そうなると、台風の影響を全く受けていないエリアでも、飛べる飛行機が来れなくなってしまうことで欠航になる可能性があるのです。


大手航空会社は保有する飛行機が多いので機材繰りには対処できることもありますが、LCCなどは特にギリギリの機材繰り。

欠航になる可能性はさらに高くなります。

台風とは関係ない場所にいても欠航の影響は受ける可能性があるということは、覚えておくと良いですね。




運航状況はこまめに確認!

今は、インターネットでほぼリアルタイムの運行状況を確認することができます。

空港に行かずしても、自分の乗る予定の便が予定通り飛ぶのか、大幅に遅れるのか、欠航するのかが分かりますね。

ひとまず空港に行ってみよう!という方はとても多いかと思いますが、事前の情報収集はとっても大切です。

もし空港へ行っても結果的に欠航、その日は一日飛ばないとなると、そこから代替手段を探すのは時間のロスです。

まずは落ち着いて、各航空会社のwebでの情報を確認するのが有効です。


次のページ:自分に合っているのは払戻?振替?手続きはどうやるの?