友達とどうやって会っているの?!不規則な勤務のCAの時間の活用術 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

友達とどうやって会っているの?!不規則な勤務のCAの時間の活用術 2/2

CAの勤務は不規則で、急に予定が変わることも日常茶飯事。そんな中で友達とはどのように予定を合わせているのでしょうか?CAの時間活用術をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1325.jpg
友達とどうやって会っているの?!不規則な勤務のCAの時間の活用術

同期と会う時には必ず複数で?!

新人訓練を訓練所で一緒に乗り越えた同期とは、気の置けない関係。

フライトでの失敗談を聞いてもらったり、情報共有をしたりするなど、定期的に会っておきたい存在です。

CAが同期と集まるときには、必ず複数で集まります。

なぜなら、急にフライトの予定が入って来られなくなるということがよく起きるからです。


スタンバイが入らなかったら参加できる、という条件付きの参加メンバーが必ず存在するのもCAの集まりならでは。

さらに、フライト終わりに駆け付ける同期もいます。

フライトが遅れることもありますので、あとから駆け付けた同期が到着したころに食事が終わってしまった場合には、2次会に突入することも。

また、次の日朝早い同期は途中で帰ったりと、入れ替わりが自由なのもCAの集まりの特徴です。




学生時代の友人と会う時には事情を話し必ずお土産を

CA同士での集まりなら、お互いに事情を察することが出来るので、途中で帰ったり後から参加したりということが自由にできますが、学生時代の友人との集まりではそうもいきません。

とはいえ、学生時代の友人達と疎遠になるのは悲しいもの。

どうしてもの集まりには有休を使って必ず休めるように調整することも試みますが、それが出来ない場合、突然のスケジュール変更で行けなくなることもあります。

事前にそんな事情を説明しておくことも大事ですし、急なキャンセルをしてしまった時には必ずステイ先でのお土産を次回渡すなどの心配りも必要です。

不規則な乗務の中での友人関係をキープするには、努力も必要ですよね。




いかがでしたでしょうか。

急にフライトが入って予定が変更になりお休みが定まらないCA達。

朝早いフライトや夜遅いフライトで時間も不規則ですが、それぞれ工夫して友達と会う時間をキープしています。

少しでもご参考になりましたら幸いです。