夢を諦めるにはまだ早い!30代でもCA転職に成功した理由と秘訣 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

夢を諦めるにはまだ早い!30代でもCA転職に成功した理由と秘訣 1/2

20代後半、アラサーと呼ばれる年代になって、夢だったCAになるのはもう無理かなぁと思っている人はいませんか?私も実際そう思いチャレンジすることもしていませんでした。前職で人事・採用担当をしていた私が、30代でCAへの転職を成功させた、人事・現役CAの両方の目線から体験談をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7665.JPG
夢を諦めるにはまだ早い!30代でもCA転職に成功した理由と秘訣

年齢が気になるCAへの転職、どうすればいい?

20代後半にさしかかり、もうCAになるのは無理かな……と思う人も多いと思います。

正直、対象年齢外になってしまってチャレンジできない航空会社もあります。

でも諦めるのはまだ早い。

30代で応募し、今は現役CAとして飛び回っている私の体験をお話します。




応募する航空会社の精査を!

前職で採用担当をやっていた私は、転職にはパワーが必要なことを十分に理解していました。

「無駄な時間は使わない、チャレンジする案件に全力で挑む」ということが大切です。

例えば、
・応募要項に書いてある年齢、その他の条件に一致している案件のみに応募する。
・一致していなくても努力すればクリアできる(例えばTOEICの点数等)場合は、並行して努力する。
などです。

私はTOEICの2年以内の点数を持っていなかったので、すぐに結果が出るGTEC-LRを受験し、書類に書けるようにしました。

具体的にはPeach、バニラエアなどの国内LCCや、ANA・JALは可能性があると思います。

同じ系列でも、ANAウイングスやJTAはなかなか厳しいと感じています。




最大の難関「書類選考」

20代後半からのCA受験。

最大の難関は書類選考の通過です。

ここを乗り越えられれば、社会人経験をアピールできる機会を掴めるので、とにかく書類選考をクリアすることに時間を費やします。


【使用する写真】
私はIT企業での採用担当をしていましたが、そのような一般企業でも写真は重要でした。

第一印象はこの写真から始まるからです。

まずは自身が印象良く見える髪型、表情の研究。

前髪をどちらに分けたほうが良く見えるか、表情がきつく見えるメイクになっていないかなどを確認しましょう。

そして撮影ですが、スピード写真は暗くうつるので、絶対にNG。

できれば専門の写真スタジオでアドバイスを受けながら撮影しましょう。

私も専門スタジオでの撮影に変えてから、ほぼ書類選考で落ちることがなくなりました。


【記入する内容】
どんなCAになれるか、自身のアピールポイントを具体的に絞ることが大切です。

社会人としての経験があると、あれもこれもとアピールしたいことがいくつかあると思います。

うまく全てを表現できればいいですが、それだと内容が薄くなりがち。

「私だったら、○○なCAになれます。」と表現できるような一番のアピールポイントを決めて、具体的結果を用いて表現をしましょう。


私の場合は、「ウエディングプランナー時代、○○組のオリジナルウエディングを成功させました。機内でも一人十色のオリジナルサービスを実施して、お客様満足度が上がるCAになります。」というような表現でした。


次のページ:いよいよ面接!せっかく掴んだチャンス。何に気を付ければいい?