【英語面接対策】外資系エアラインCA採用試験合格の鍵!現役外資系客室乗務員が伝授 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

【英語面接対策】外資系エアラインCA採用試験合格の鍵!現役外資系客室乗務員が伝授 2/3

現在、大手日系航空会社を始め多くの外資系航空会社がこぞって採用試験を進行中です!まさにエアライン受験ラッシュです。外資系航空会社を受験するにあたって避けて通れないのが、英語面接です。そこで、今回は英語面接突破のヒントを現役外資系エアラインCA(キャビンアテンダント・客室乗務員)でもあり、企業での接客英語指導を担当する美春がお送り致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
555.jpg
【英語面接対策】外資系エアラインCA採用試験合格の鍵!現役外資系客室乗務員が伝授

英語がペラペラ=合格?答えはNO!


英語がペラペラ=合格?答えはNO! キャビンアテンダント採用面接


「私は英語が得意なので、外資系エアラインに是非挑戦したいです!」


中にはこんな他の受験生が羨むような方もいるかと思います。


ですが、こういった英語上級者の方こそ陥ってしまいがちな盲点があります。

それは、英語が流暢であるがゆえに早口になってしまったり、砕けた英語表現を使ってしまうことです。


日本語でもそうですが、日常会話と面接での言葉遣いは違いますよね?


それは英語でも同じです。


いくら英語が流暢でも友人同士で使うような砕けた表現は面接官に幼稚な印象を与えてしまいます。


英語面接では、内容もしかることながら、面接しいては接客サービスに適した丁寧な英語を話せるかがとても重要な要素の一つになります。


次ページ:これだけは気をつけたい丁寧な英語表現