初めましてが得意なCAが伝授!新しい環境に馴染むための努力とコツ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

初めましてが得意なCAが伝授!新しい環境に馴染むための努力とコツ 1/2

年度の初めに新しい環境に飛び込んだ人も多いはず。なかなか馴染めないと悩む方に、初めましてが得意なCAが新しい環境に馴染んで楽しめる努力すべきポイントとコツをご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7398.jpg
初めましてが得意なCAが伝授!新しい環境に馴染むための努力とコツ

新しい環境のスタート!

年度のスタート時は、いろいろと新しい環境が始まる時でもありますね。

入学、入社、異動や転職で新しい人間関係と今までにない経験が一気に始まって、なかなか気持ちが追い付かない方もいるのではないでしょうか?

筆者も昨年大阪に引っ越し、最初は友人もおらず、東京の家族や友人が恋しくてホームシックな日々でした。

しかし、今では大阪でも連絡を取り合ったり、楽しく会える友人がたくさんいます。

また、CAは毎回初めましてのメンバーと乗務することも珍しくなく、新しい環境に馴染むのは得意技の一つ。

新しい環境に溶け込むのに一番労力を使うのは、新しい人間関係の構築。

人見知りで話しかけるのも苦手と言う方もいるかもしれませんが、自分でその環境を打破していくことも大切。

今回は、新しい環境に溶け込む時に欠かせない努力と秘訣をお伝えします。




最強で最高なのはニコニコ笑顔

どんな初めましての場でも、見た目で第一印象が決まります。

出社日初日や着任のご挨拶、初めてクラスで顔を合わせる日など、緊張しない人はいません。

しかし、緊張で顔がこわばってしまったり、不安そうな表情を抱えていると、その空気は相手にも伝わります。

新しい環境は、入っていく人も迎える人もどちらにとってもドキドキするもの。

そんな不安を払しょくできるのが笑顔です。

笑顔の人の周りには自然と人も集まります。

初めましての場こそ、最高の笑顔でスタートしましょう。




挨拶は待たずに自分から

人見知りな方に多いのは、自分から声をかけるのが苦手と言う意識。

もちろん、込み入った話を自分からするのはなかなか難しいかもしれませんが、挨拶は別です。

また、挨拶自体が形骸化している場合もあります。

ぜひ、新しく飛び込んでいく自分だからこそ、元気に挨拶をしていきましょう。

コミュニケーションのきっかけ、環境の活性化に間違いなく繋がっていきます。


次のページ:新しい環境は不安でいっぱい。どの時点で人に頼る?どこまで自分で頑張る?