3分でできる!CAに学ぶ疲れ顔を吹き飛ばすクイックメイク直し術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

3分でできる!CAに学ぶ疲れ顔を吹き飛ばすクイックメイク直し術 1/2

CAは長時間フライトでは約24時間もメイクしたままですが、ゆっくりメイク直しをできるような時間はほとんどありません。ここではそんなCAも実践する3分でできる必要最低限のメイク直しのコツを伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7859.jpg
3分でできる!CAに学ぶ疲れ顔を吹き飛ばすクイックメイク直し術

CAにメイク直しの時間はない!

CAは長時間フライトでは約24時間もメイクしたままですが、ゆっくりメイク直しをできるような時間はほとんどありません。

しかし、だからといってメイクが崩れた見苦しい姿のままお客様の前に出るわけにもいきません。

ここでは、そんなCAも実践する3分でできるポイントに絞ったメイク直しのコツをご紹介いたします。




疲れた雰囲気が出てしまうのは目の下

メイク直しで必ずチェックすべきところはアイメイクの崩れ。

目の下がパンダ状態だと一気に疲れた雰囲気に見えてしまう上、清潔感にも欠けます。

もしもパンダ状態になってしまっている場合は綿棒でOFFしてパウダーやアイシャドウで整えてください。



そもそも、パンダ状態になるとメイク直しに時間がかかってしまうので、アイメイクは崩れないようにしておくのがCA流。

落ちにくいマスカラを選ぶのは常識、アイラインがどうしても落ちてしまうという人はあえてアイラインを引かないでアイシャドウで代用している人も。

崩れて汚くなるよりはずっと賢い選択です!

長時間メイク直しできない日、夏に汗で崩れてしまいそうな日などはこのような工夫も役立ちます。




唇のモロモロはおしぼりでオフ

清潔感を欠くもう一つの要素が口紅の崩れ。

口紅を塗ってから時間がたつとモロモロと皮がむけてきてしまうことがありまうすよね。

そうなってしまうと上から重ねても汚いだけなので、いったんOFFするのが賢い選択。

CAは、機内にあるおしぼりを蒸しタオル代わりに唇にのせてふき取ります。


その後リップクリームで保湿し口紅を重ねたらメイクしたての唇が取り戻せます。

おしぼりがない場合はぬるま湯で濡らしたコットンなどでも代用できます。

次のページ:お肌のポイントは薄目の仕上げと血色