写真映り3割り増しに!証明写真を成功させるための髪型&服装のポイント | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

写真映り3割り増しに!証明写真を成功させるための髪型&服装のポイント 1/2

普段の写真では気にならないレベルでも証明写真となると想像以上に目立ってしまうのが髪型と洋服。今回は証明写真という特殊な写真の映りを良くするための服装と髪型のポイントをご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3275.jpg
写真映り3割り増しに!証明写真を成功させるための髪型&服装のポイント

髪型と洋服で印象はガラリと変わる!


免許証やパスポート、履歴書など自分の証明の役割をはたしてくれる証明写真。しかし普段の写真と違い特殊な状況で撮る証明写真は苦手という方も多いもの。満足のいく写真はなかなか撮れないのではないでしょうか。


普段の写真では気にならないレベルでも証明写真となると想像以上に目立ってしまうのが髪型と洋服。逆に言うと、髪型と服装を改善するだけで写真映り3割り増しも夢じゃありません!

今回は証明写真という特殊な写真の映りを良くするための服装と髪型のポイントをご紹介いたします。「証明写真の映りを良くするメイクのポイント」、「証明写真にきれいに映るポイント」と併せて参考にしてみてください。


証明写真は、髪型と洋服で印象はガラリと変わる!


前髪は影にならないように要注意


証明写真で最も注意した方がよいポイントが前髪。日常生活の中できれいに見える前髪と、静止している証明写真の中できれいに見える前髪は違います。


日常生活の中では顔の向きや表情にも変化があるので、割と重めの前髪でも違和感がありません。しかし証明写真の中だと顔の向きも正面、表情も固めなので、前髪が重いと暗い印象になってしまいます。


少なくともおでこの半分は見せるようにすることをおすすめします。また、斜めに流す場合はぱっくり割れてしまわないよう注意してください。きれいな斜め前髪の作り方は「就活で好感度アップのきれいな斜め前髪の作り方」の記事を参考にしてみてください。


また、実際は割れていないのに写真では光の関係で影になってしまうこともあります。特に前髪を浮かせたエアリーなスタイルだと浮いた部分が影になりやすいので、証明写真の時はパラパラと落ちてこないようスプレーできっちりめにセットした方が良いでしょう。

「きれいに決まった!」と思っても、鏡を見て影の部分をチェックするようにしましょう。


髪の毛のダウンスタイルは証明写真では、毛先が目立つ




ダウンスタイルは毛先が目立つ


普段の写真では気にならないのに証明写真で気になることは前髪だけではありません。髪の毛をダウンスタイルにする際、肩の前に下している毛には要注意。真正面から撮影するので、微妙な左右差や髪の毛のハネ、毛先のパサつきなどが目立ってしまうのです。通常は全く気にならないレベルでも想像以上に目立ちます。


ダウンスタイルにしたい方は毛先まで丁寧にスタイリングするようにしましょう。どうしてもうまくスタイリングできないという方はアップスタイルにするか、髪の毛を肩の後ろ側に下すとすっきり見えます。



次のページ:顔がすっきり見える!洋服選びのポイント