お悩み解決!証明写真にきれいに映るポイント | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

お悩み解決!証明写真にきれいに映るポイント 1/2

目をつぶってしまう、寄り目になってしまう、顔がのっぺり映ってしまう、顔がこわばってしまうなど、証明写真によくありがちなお悩みを解決するため、実際に撮影の時にできる簡単なコツをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0577.jpg
お悩み解決!証明写真にきれいに映るポイント

ちょっとしたコツで証明写真もきれいに撮れる!


証明写真はどうしても表情がかたくなってしまう、目をつぶってしまうなどのお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。免許証やパスポート、履歴書など様々なところで使う証明写真ですが、なかなか満足のいく写真を撮るのは難しいもの。


普段の写真では顔の向きを変えてみたり、表情にバリエーションを付けたり、小道具を使ったり様々な工夫ができますが、証明写真はそのようなことができません。でもあきらめるのはまだ早い!ちょっとしたポイントを押さえるだけで、写真映りはグンと良くなります。


今回は、機内でお客様と写真を撮る機会も多いCAが実践する方法を応用して、目をつぶってしまう、寄り目になってしまう、顔がのっぺり映ってしまう、顔がこわばってしまうなど、証明写真によくありがちなお悩みを解決!実際に撮影の時にできる簡単なコツをご紹介します。「証明写真の映りを良くするメイクのポイント」、「写真映りを良くする服装&髪型のポイント」と併せてぜひ実践してみてください。





フラッシュで目をつぶってしまうという方は


目を開けていようと思っても、フラッシュでいつも目をつぶってしまう。そんな方はシャッターを押される直前に瞬きをしておく方法がおすすめです。「3,2,1,カシャ」と撮影をする場合、目を閉じないようにと気合いを入れて3の時点から頑張って目を開けていると、瞬きをしない時間が長くなるのでいざシャッターを押されるときに目をつぶってしまうことも。


そこで2と1の間あたりで一度瞬きをしてみましょう。そうすると目を開けている時間が短くなるので、目が乾きにくくフラッシュの光にも耐えやすくなるはずです。




寄り目になってしまう方は


頑張って目を開けていようとすると、寄り目気味になってしまうという方も。特に証明写真では正面を向きレンズを凝視しているうちに目が寄ってきてしまうことが多いようです。


そのような時はレンズを見ようとするのではなく、レンズのさらに奥の遠くの方を見るようなイメージにすると目が寄りにくくなります。


レンズの奥に自分の家族や仲良しの友達など自然に笑顔になってしまうような相手がいるようなイメージを持つと、視線も柔らかく優しい印象になります。


次のページ:小顔に映るワンポイントテクニック