乾燥した機内でも美肌をキープ!CA流保湿のトリプルアプローチ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

乾燥した機内でも美肌をキープ!CA流保湿のトリプルアプローチ 1/2

機内の湿度は約20%と通常の約3分の1程度!とても乾燥しています。ではそんな極限の乾燥状態の中でCAどのように美肌を保っているのでしょうか。ここではその3つの秘密を公開します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0021.jpg
乾燥した機内でも美肌をキープ!CA流保湿のトリプルアプローチ

機内の乾燥は砂漠並み

機内の湿度は約20%と通常の約3分の1程度!

とても乾燥しています。

飛行機に乗ってお肌がバリバリに乾燥してしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?

CAはそんな乾燥した機内で毎日働いていますが、乾燥して粉を吹いているCAを見たことはありませんよね。


清潔感のあるキレイなお肌を保つことも仕事のうちなのです。

ではそんな極限の乾燥状態の中でどのように美肌を保っているのでしょうか。

ポイントは内側から、環境から、外側からのトリプルアプローチ。

ここではその3つの秘密を公開します!




【内側からのケア】常温のお水をたっぷり飲む!

まず一番大切なことは身体の内側から潤わせること。

乾燥対策というとまずクリームやパックなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、身体の内側が乾燥状態だと外からいくら保湿しても効果は半減してしまいます。

乾燥した機内では呼吸をするだけで体内の水分がどんどん奪われていってしまいます。

まずは身体の内側に充分な水分を補給してあげましょう。

ポイントは常温の水を少しずつ飲むこと。

冷たい水は身体を冷やし代謝を悪くしてしまうのでお肌にも良くありません。

また体内で一度に吸収できる水分には限度があるので、一度にたくさん飲んでも吸収されず排出されてしまいます。

常温の水を常備し、ちびちび飲んでいくのがオススメです。

CAも機内ではキッチンにマイカップを常備しかなり頻繁に飲んでいます。

飛行機に乗ったときだけではなく、普段から常温のお水をちびちび飲むことを習慣にするといつも身体の内側から潤っている女性になれます。




【環境からのケア】自分の周りの湿度を上げる!

次に大切なのは自分がいる場所の湿度をあげること。

当然のことですが、乾燥した環境にいるとどんどんお肌の水分が蒸発し奪われていきます。

そのため保湿をするより先にできる限りその場の湿度を高めてあげることが大切です。

最も一般的なのは加湿器ですが、加湿器がない場合や使えない場所などでは他の方法もたくさんあります。


自宅やホテルなど
・濡れたバスタオルを寝室に干す

・お風呂にお湯を張り蒸気を室内に巡らせる

・水スプレーをまく

・ベッドサイドにグラス一杯のお水を置く

・観葉植物を育てる


飛行機の中 
・濡れたおしぼりを座席のテーブルにかけておく

・マスクの中に濡れたガーゼを仕込む


また移動中などもマスクをしているだけで自分の息で顔周りを蒸気で満たすことができ、保湿効果抜群です。

地味な感じですが、やるとやらないとでは大違い!

今日から自分の周りを保湿ゾーンに変える工夫をしてみましょう。


次のページ:最終手段はこの合わせ技!