CA流メイク術 ~24時間キレイでいるメイク術~「ベースメイク編」 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CA流メイク術 ~24時間キレイでいるメイク術~「ベースメイク編」 2/2

CA(キャビンアテンダント客室乗務員)は仕事柄長距離線だとおよそ24時間お化粧したまま、しかもお化粧直しの時間もほとんどないよいうことが普通です。それでも常に清潔感のある美しい状態をキープしなければいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19.jpg
CA流メイク術 ~24時間キレイでいるメイク術~「ベースメイク編」

ポイントは限りなく薄く仕上げること


ベースメイクのコツはとにかく朝は薄く仕上げること!ベースメイクの厚みが増すほどよれやすく、崩れやすくなってしまいます。また、アラを完璧に隠した厚塗りメイクは朝の光だと不自然に見えてしまいます。ベースメイクはお化粧直しで重ねるたびにどんどん厚塗りになっていってしまうので、朝はできる限り薄くナチュラルにしあげておくことがポイントです。


そのためにも日頃からスキンケアを丁寧に行い、薄塗りでもOKな肌にしておくことが大切ですね。


ベースメイクのコツはとにかく朝は薄く仕上げること


崩れにくい塗り方のコツ


肌にピタッと密着するベースメイクの手順をご紹介します。


1. BBクリームは目の下や頬を中心にポンポンと置き、両手の指全体を使ってパッティングするように馴染ませていきます。指先だけで伸ばすよりも体温が伝わり馴染みやすくなります。最後に手のひら全体で顔を覆い肌に密着させます。


2. すぐにパウダーを重ねてしまうとよれてしまうので、パウダーを重ねるまでの間に10分以上あけましょう。その後浸透しきっていない余分な油分を軽~くティッシュで押さえます。


3. パウダーはごくごく薄く重ねます。大きめのブラシでクルクル円を書くようにパウダーをのせるとナチュラルな仕上がりに。ブラシにパウダーを含ませ、余分なパウダーをトントンと払ってから肌にのせるのが厚塗りにならないポイント。


隠したいトラブルがある場合は?


パウダーでトラブルを隠そうとすると厚塗りになって崩れやすくなってしまいます。クマなど隠したいトラブルがある場合はBBクリームを馴染ませたあとにリキッドタイプのコンシーラーでカバーするのがオススメ!