厚塗り・肌ムラはNG!就活で好感度アップのベースメイクのポイント 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

厚塗り・肌ムラはNG!就活で好感度アップのベースメイクのポイント 2/2

航空関係の就職活動をされる方にぴったりな好感度アップのベースメイクのポイントをお教えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
539.jpg
厚塗り・肌ムラはNG!就活で好感度アップのベースメイクのポイント

厚塗りに見えないファンデーションの塗り方のポイント

下地をしっかり塗って顔色を整えたあとはファンデーション。

ファンデーションは暗いものよりも明るめのものを選んでください。

ポイントは厚塗りにならないように、カバーしたいところだけ指の平でチョンチョンと乗せること。

ちなみに私は、自分の顔の気になる部分でもある目の下のクマと小鼻と口周りには多めに塗ってそれ以外はほぼ何も塗らないようにしていました。

全体にファンデーションを塗ってしまうとどうしても厚塗りに見えてしまい年齢より上に見えてしまうので、肌ツヤのよい若々しいお肌になるよう心がけて少量を丁寧に塗ってみてくださいね。



コンシーラーで気になるポイントを上手に隠して

そしてそのあとはコンシーラー。

私は固形タイプを使っていました。


おすすめはIPSAのコンシーラー。 

おすすめはIPSAのコンシーラー

肌への密着度とカバー力が高く、気になるニキビやなかなか消えないクマをきれいに隠してくれる優れものです。

私の体感としては完全に消してくれるといった印象です。



仕上げは粒子のように細かいパウダーをはたいてください。

粉のファンデーションは同じく厚塗りに見えてしまうのでなるべく避けましょう。

肌をワントーン明るくしてくれてナチュラルな印象になるパウダーを顔全体にはたいて、ベースメイクは完成です。


下地、ファンデーション+コンシーラー、パウダーの3ステップで好感度アップの若々しいお肌を目指してくださいね!




併せて読みたい

就活で好感度アップのきれいな斜め前髪の作り方8ステップ

自然体を見せられるかがポイント!CA受験全身写真撮影ガイド

日系と外資系はどう違う?私に合った航空会社選びを指南